湘南美容外科でVIO脱毛の予約キャンセルときの注意

VIO脱毛の予約変更キャンセルについて

予約したけれど、急な予定が入ったり、女性の場合ですと生理になったり、どうしても予約をキャンセルしなくてはならない状況になることもありますよね。

私が通っていた湘南美容外科ですが、予約したけれどキャンセルしなくてはならない状況もありかと思いますが、その時に注意点するポイントが幾つかあります。

場合によってはキャンセル料金が発生するケースがありますので注意してください。

キャンセル料が発生しない方法として、原則として予約した前々日23時までにキャンセルの連絡をする必要があります。

つまり3日に来院予約した場合、前々日の1日23時までに連絡するということです。

一方でキャンセル料金が発生する場合、連絡が1日23時以降になってしまった場合です。

その際は一律3,000円を請求されます。

「なんで?」と、納得のいかない方もいると思いますが、その気持ちは私もわかります。

ただ、業界で働いていたこともあり、相伴美容外科の気持ちもわかります。

大した問題でないと言いたいところですが、ドタキャン(土壇場でキャンセル)されてしますと、その予約した時間が無駄になってしまい、ほかにお待ちしているお客様の脱毛機械も失ってしまうため、2倍の損失ということになります。

そう考えると3,000円は決して高くはありませんし、未然にドタキャンを防ぐために設けているのだと考えられます。

何かしらの事情でキャンセルする場合はできるだけ早めが良いのですが、生理の時期を前もって避けて予定を組むのも相応しいです。

湘南美容外科さんの場合ですと、生理中であってもタンポンを入れた状態でVIO脱毛の処理をしてくれます。

私としては少し恥じらいもあり、女の子の日は避けていました。

コチラも必ずお読みください。
最安値と技術力のあるクリニック比較

湘南美容外科は庶民的

個人的な意見ですが湘南美容外科クリニックは庶民的だと思っています。

院よっては高級感を抱くところもありますが、従業員の方々は優しいですし、ともて通いやすい雰囲気です。

テレビCMでも見るので有名なクリニックですので、平日でも賑わっています。

人気があるだけに問題となるのは予約が取りにくいことです。

予約は直前ではなく余裕をもって取るようにすると良く、場合によっては一年間の脱毛スケジュールを決めてしまうのも良いです。

朗報としましては、SBCグループ内であれば、好きな院で施術を受けることが出来ます。

いつも通っている池袋西口院が予約でいっぱいだったとしても、空きのある上野院で予約を取ることもできます。