妊娠中のVIO脱毛

妊娠中でVIO脱毛を考えている女性の皆さまへ

VIO医療脱毛を受けている途中で妊娠が分かったとか、妊娠中にVIO脱毛を受けたいと思い相談を受けることもあります。

やっぱりお腹の胎児に悪い影響がないのか心配になるものですよね。

妊娠中は女性ホルモンのエストロゲンが増加するのですが、妊娠していない時のホルモンのバランスとは異なり、一時的に体毛が濃くなることがあります。

そんな時、気になって脱毛クリニックなどに訪れて相談される人もいるのだと思います。

コチラも必ずお読みください。
最安値と技術力のあるクリニック比較

妊娠中のVIO脱毛は可能だけど、受けられない!

医学的な見解では、妊娠中にVIO脱毛しても胎児に与える影響はないとされています。

なので問題はないのですが、妊娠中にVIO脱毛を受けることはできません。
正確にいうと、受け付けてくれるクリニックはありません。

理由は赤ちゃんの安全を第一と考え、最優先しているからです。

元気な赤ちゃんを産むためには、お母さんの健康状態も大切ですよね。

妊娠中は体調の変化もありますし、VIO脱毛している際の体制がつらく感じストレスを蓄積してしまうかもしれません。

ただでさえ、体の変化に対応するだけでも大変なのに気分を悪くされるかもしれません。

VIO脱毛行為が問題ないとされていますが、万が一のことが起きた場合、全く関係がなかったことを否定することが出来ないため、医療脱毛クリニックや脱毛サロンはお断りしています。

私が利用した湘南美容外科クリニックは断っているようですが、妊婦であることを分った上で脱毛施術を受けているエステやクリニックはご注意ください。

ちなみに、VIO脱毛をコースで申し込んでいて、妊娠が発覚した場合は脱毛を中止してもらうことになりますので、期限がないことを確認するか、妊娠した場合について聞いてみてください。

出産してからも育児で忙しくなって通うのも大変になりますので、そのまえに終わらせるのが理想ではありますが。

ご両親と一緒に住んでいるとか、近くに住んでいると脱毛クリニックなどに通いやすくもなるので助かりますよね。

VIO脱毛が胎児に影響を与えない理由

医療レーザー脱毛の場合、肌のメラニン色素に反応するだけで、子宮までレーザーが届くわけでもなく、影響を与えることはありません。

脱毛サロン(エステ)も同様に光脱毛で胎児に影響はありません。

よく言われるレントゲンのようなX線は避けるべきですが、VIO脱毛で使用する波長は心配ありません。

一方で、VIO脱毛することで妊娠できない原因にならないのか知りたい方もいるのではないでしょうか。

こちらも妊婦さんと同様、子宮に影響がないので問題ないので安心してください。