VIO脱毛の施術中、どんな体勢をするのか気になりますよね。

「もしかして、大切な部分まで丸見えになってしまうの!?」なんて不安に思っている方も多いかと思います。

デリケートな話題なだけに、なかなか人に聞けないこの疑問。

今回はこの疑問を解消するために、VIO脱毛の体勢や格好について解説していきたいと思います。

施術着はお店や医療機関によって様々

施術着はワンピースタイプやガウンタイプなどが一般的ですが、その下、施術を受けるデリケートゾーンは使い捨ての紙ショーツが主流になっています。

ただ、中には自前の下着着用でOKのところ、下着は着用せずデリケートゾーンは丸出しといったところもありますので、気になる方は事前にしっかり確認しておきましょう。

とはいえ、施術着がどのようなものであれ施術手順はほぼ同じです。

下着を身につけている場合は照射箇所にあわせて下着をずらしながら施術を行い、下着を身につけていない場合は、腰にタオルを巻き、施術箇所以外を隠しながらの施術となります。

いずれの場合も、施術を受ける方の羞恥心を刺激しないよう配慮されています。

実際「施術前は緊張したけど、思ったよりも恥ずかしくなかった」と感じる方も多いようです。

VIO脱毛時の体勢はどんな感じ

Vライン脱毛時の体勢

Vラインの脱毛は、アンダーヘアの前面となるため基本的に仰向けになるだけでOKです。

足の付け根の部分(VラインとIラインの境目)を処理する際は、基本的に足を開くよう指示されますが、中には足を閉じたまま、皮膚をのばしながら隠れた部分を処理するところもあります。

Vラインは仰向けに寝たまま施術を受けることができ、紙ショーツの有無を問わず、大きなタオルをかけながら処理をしてもらえるので、恥ずかしさはあまり感じずに済むと思います。

Iライン脱毛時の体勢

Iラインの体勢は、四つの字が基本です。

四つの字とは仰向けに寝転び、脱毛する側の足を軽く内側に曲げた体勢で、身体にあまり負担をかけず、Iラインをあらわにすることができます。

具体的には、施術をする側の足は曲げ、もう片方は足を曲げずにまっすぐな状態を保った体勢で、仰向けになりながら片足だけあぐらをかいているようなイメージです。

この体勢は、両股開きのような恥ずかしさはないので安心して下さいね。

Oライン脱毛時の体勢

Oラインはお尻の奥の方にあるため「四つん這いになって、お尻を広げられてしまうのでは……」なんて心配している方も多いかと思います。

しかし、そんなあからさまな体勢を取る必要はないので大丈夫です。

Oラインを処理する際の基本体勢は、うつぶせになり、片足だけを内側に曲げるものとなります。

これだけで、Oラインを脱毛するだけのスペースを確保することができるんですね。

ただ、サロンやクリニックの中には、四つん這いや横ばいを指示するところも存在します。

これらの体勢はどうしても恥ずかしいですし、多少なりとも身体に負担がかかります。

うつぶせが一番身体に楽ですし、羞恥心も刺激されませんので、気になる方はカウンセリングの段階で「Oライン脱毛時はどんな体勢になりますか?」と質問し、四つん這いや横ばいと回答された場合は、うつぶせ施術が可能かどうか確認しておくとよいでしょう。

VIO脱毛は、どの部位を施術するにしても恥ずかしさを感じてしまいます。

しかし、誠実な対応をしてくれるサロンやエステであれば、その恥ずかしさを可能な限り軽減できるよう配慮してくれるはずです。

逆を言えば、そういった配慮ができないサロンやクリニックは信用に足りません。

希望する体勢や行って欲しくないことがあれば、事前にできるだけ伝えておきましょう。