VIO脱毛後のケア方法と注意点

VIO脱毛した後の注意点

医療レーザーや光などの脱毛方法は毛根細胞を刺激しますので、脱毛後は肌が敏感な状態となっています。

VIO脱毛に限らず全ての部位に言えることですが、脱毛した後に注意するポイントは全部で7つあります。

1、日焼けしない(通院中は常に)
2、保湿する(通院中は常に)
3、毛を抜かない(通院中は常に)
4、熱いお湯に入浴しない(2日~3日) 5、激しい運動をしない(2日~3日)
6、お酒を飲まない(2日~3日)
7、エステマッサージは控える(3日~7日)

コチラも必ずお読みください。
最安値と技術力のあるクリニック比較

日焼けしない(通院中は常に)

VIO脱毛をした後は日焼けをしないことが鉄則です。

デリケートゾーンの脱毛であれば、日焼けすることもないと思いますが、海などに遊びに行く場合は、Vラインに日焼け止めを塗るようにしてください。

とくに脱毛した当日や翌日の肌が敏感な状態のときは特に控えた方が良いです。

紫外線を浴びることでシミの作ってしまう可能性も出てきます。

また、日焼けの度合いが高いとレーザーが反応して火傷する可能性も出てきますので、注意してください。

保湿する(通院中は常に)

脱毛した肌はダメージを受けていて、水分が減少している状態ですので、しっかりと保湿ケアしてください。

もっとも肌が乾燥するのはお風呂上りですので、脱毛した部位をボディークリームなどで保湿しましょう。

普段から保湿するように心がけることで、十分に水分を含んだ健康な肌となり、レーザー照射されても痛みを和らげてくれる効果も望めます。

稀に乾燥している状態ですと、肌がダメージを負いやすく医療レーザー脱毛でもエステ脱毛でも施術を受けられないこともあるようです。

クリニックから専用の保湿剤をもらっている場合は、それを使用しましょう。

毛を抜かない(通院中は常に)

よくある質問ですが、初めて医療脱毛を受けた方で、ムダ毛を毛抜きなどで抜いてしまう人がいるようです。

レーザーを照射してから毛が抜けるまで一般的に14日から21日ぐらい掛かるのですが、その間にムダ毛が気になっても抜かないようにしてください。

毛周期も関係していますので、脱毛効果が得られない可能性も出てきます。

どうしてもムダ毛が気になる場合は、電動シェーバーを使って剃るようにしてください。

熱いお湯に入浴しない(3日~7日)

自宅のお風呂で入浴したり、温泉に入ったり、体温を上げると行為は痒みや赤みの肌トラブルとなる可能性があるので控えた方が良いです。

冷やしたタオルや保冷剤をタオルに巻いて脱毛した部位に当てたり、シャワーの冷水を直接あてて冷やしたりするのもオススメです。

激しい運動をしない(1日~3日)

運動をしない理由は、入浴しないのと同じで、体温を上げることによる肌トラブルを回避するためです。

お酒を飲まない(1日~3日)

お酒を飲んではいけない理由は、「お湯に入浴しない」「激しい運動しない」と同じで、体内に熱がこもって体温を上げることによる肌トラブルを回避するためです。

エステマッサージは控える(1日~3日)

脱毛後の肌は敏感ですので、施術後7日~14日はエステマッサージを控えるようにして、肌を安静にしていた方が良いです。

肌の刺激は控えましょう。